2016年8月24日

どうして60代になると老齢化のために乾燥肌となるのでしょう?

60代になり、肌の乾燥が気になるようになってしまった。
そのような方もいらっしゃることでしょう。
乾燥肌には2種類ありますが、年代をきっかけとする乾燥は肌の場合「肌の老齢化」というものが原因として考えられます。
ではなぜ老齢化してしまうものなのでしょうか。

■老齢化からくる乾燥肌の要因とは

60代に入り乾燥肌になってしまいトラブルが増えたという場合、加齢現象からくる乾燥肌であるといえるでしょう。
その要因ですが、「皮脂の分泌が欠如してしまうから」と言うことが出来ます。
分泌が欠如してしまうと、角質が乱れてしまい乾燥を引き起こしてしまうのです。

■皮脂分泌欠如の仕組み

皮脂が減少してしまうと、人間が持つ皮膚バリア機能が弱くなってしまいます。
その状態の時に、紫外線などのいわゆる「外圧」が入り込んでしまうのです。
このことにより、肌を痛めつけさらに乾燥に拍車をかけてしまうのです。
これらを解消する方法・予防する方法というものはいくつか考えられますが、まず取り入れていただきたいのは化粧品です。
長年愛用していた化粧品では効果が少なくなってしまったという場合、年齢や状態に合わせた化粧品にシフトしていただくことで改善につながることもあるのです。

■皮膚を改善しよう

正常な肌質の場合、角質の変調は3~4日といわれています。
コラーゲンやヒアルロン酸などの成分を取り入れることでより快適な状態へと導くことが可能なのです。
しかし、加齢にしたがってこれらを修復するには日数が必要となってきます。
ですから、継続的なケアというものが求められるのです。
具体的な部分に触れていくと、皮膚の保湿成分として重要なコラーゲンやヒアルロン酸は加齢とともに分泌量が減ってしまいます。
年を重ねるごとに下降してしまうものですから、化粧品で十分に補っていく必要があるのです。

■化粧品で補う

今では、こうした加齢に伴う乾燥肌にあった化粧品というものが販売されています。
コラーゲンやヒアルロン酸はもちろんのこと、ビタミンC誘導体やセラミドなども豊富に含まれているものもあるのです。
自らの肌質にあった化粧品を積極的に取り入れていきましょう。

■老齢化からくる乾燥肌について

老齢化からくる乾燥肌は、皮膚の修復機能と保湿成分が乏しい状態にある。だからこそ化粧品で補っていくことが重要であるとお分かりいただけたかと思います。
快適な肌状態・トラブル知らずの肌を目指すためにも、化粧品の力を借りそして生活習慣などもあわせて見直してみてはいかがでしょうか。