2016年8月24日

60代のスキンケア~ホルモンバランスの状態との関わりは?

60代になってから乾燥肌が気になるようになってしまった。
そのような声も多いようです。後天的に乾燥肌になるというケースがあり、その要因として考えられるのは「老齢化によって分泌が劣ること」であるといわれているのです。
そのほかの要因として考えておきたいのがホルモンとの関係性です。
スキンケアをしていく上においても把握しておくと良いでしょう。

■乾燥肌と皮脂の分泌について

60代の乾燥肌は、ホルモンのバランス状態が関連しているというケースがあるのです。
もちろん、一概にはいえませんがその可能性についても抑えておいていただけたらと思います。
皮膚が健康な状態は「モイスチャー効果」がきちんと整った状態にあります。
潤いがキープされている状態であれば、当然ながら乾燥することはありません。
しかし、年齢が上がるにつれて皮脂の分泌が少なくなります。
皮脂の分泌は潤いを持続するために必要不可欠な存在なのです。

■ホルモンと皮脂分泌

皮脂の分泌が行われているのが「ホルモン」であるといわれています。
要するに、ホルモンバランスが乱れたり失われたりすることによって、皮脂の分泌も正常に働かなくなり潤いを保持できないといえるのです。
もし、60代の方で肌の潤い不足を感じているという場合にはこれらの要因を排除することで悩みの解消にもつながることと思います。

■化粧品を取り入れる

保湿成分が豊富に含まれている化粧品などを積極的に取り入れることで改善の1つとなってくれることでしょう。
一時的なものばかりでなく、その効果を維持し続けやすい状態へと導いてくれることも可能なのです。
ですから、毎日のスキンケアの中に皮脂の分泌を促す・栄養を与える化粧品を効果的に取り入れていきましょう。
さまざまな製品がありますので、自らの肌にあったものをチョイスしていきましょう。

■スキンケアもしっかりと

化粧品を選ぶばかりではなく、正しくスキンケアをしていくことも大切です。
強く叩き込み過ぎないようにすることなどは日常的に身に着けておきたいことです。
正しく方法を実践することによって、乾燥肌に悩まず弾力性のある綺麗な肌状態を手にいれることが出来るでしょう。

■ホルモンと乾燥肌について考える

今回は乾燥肌とホルモンについて考えていきました。
改めて認識することによって、お手入れ方法や化粧品選びにお役立ていただけるかと思いますので気になる方は意識をしてみると良いでしょう。
実年齢にあったスタンスを取り入れていきましょう。